メルマガ登録
メディア掲載 タイアップ企業
2021年 05月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
2021年 06月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

公式SNS

  • twitter
  • Instagram
  • facebook
  • youtube
 
 風呂敷 主なサイズと呼称



風呂敷のサイズは「巾(はば)」という言葉で表すのが一般的です。
着尺小幅・鯨尺の9寸(約34cm)が基本となり、それが1幅(巾)となりました。
現在では幅に合わせた織機が造られ、四巾(約130cm)までは生産されています。
五巾以上は、風呂敷を作る時に、生地を継いでつくります。
また最近では、今までの規格以外の生地も風呂敷に使われており、巾の表示では表しきれない商品も出てきています。

※当店のサイズ表示は巾の表示が一般的に分かりにくい事や、巾では表現できないサイズがあるためcmで表しています。
 また、サイズはおおよその寸法であり、湿度等で伸び縮みすることもありますので、ご了承願います。


 風呂敷 サイズの選び方
菓子折りなどを風呂敷で綺麗に包みたいときには包むもの(中身)を
真ん中に置いたときに風呂敷の対角線の3分の1程度の大きさに
収まると、一番包みやすくて、きれいに仕上がります。
主な風呂敷のサイズの対角線を表にしてみましたので風呂敷選びの
ご参考にしてください。

厚み(高さ)のあるものを包む時には、中身の長辺に
『厚み(cm)×2』を加算して、お選び下さい。
■風呂敷の主な規格と対角線の長さ(目安)
サイズ 1辺の長さ 対角線の長さ 対角線の3分の1
中巾45cm約64cm約21cm
尺三巾50cm約71cm約24cm
二巾68cm約96cm約32cm
二巾70cm約99cm約33cm
二尺巾75cm約106cm約35cm
二四巾90cm約127cm約42cm
三巾100cm約141.5cm約47cm
三巾105cm約148cm約49cm
三巾118cm約167cm約56cm
※風呂敷によっては同じ規格でもサイズが異なる場合がございます。
※表にないサイズなど、ご不明な点がある場合はお気軽にお問い合わせください。


 風呂敷 重箱・お重を包む際の目安
重箱を包む際の一つの目安は
【重箱の周囲(垂直方向)+40cm=風呂敷の対角線の長さ】 です。
素材は汚れても簡単に洗える「綿」や「ポリエステル」がおすすめです。
重箱の主なサイズと対応できる風呂敷について簡単に表に
まとめてみました。ただし、重箱は規格が多くメーカーなどによって
寸法が違うことがありますので、あくまで一つの目安としてお願いします。

対角線の長さについては上記の表も参考にしてみて下さい。


■重箱の大きさと風呂敷1辺の長さの関係(※目安)
重箱のサイズ 1段の時の風呂敷 2段の時の風呂敷 3段の時の風呂敷
6寸1辺の長さ 68cm〜1辺の長さ 70cm〜1辺の長さ 75cm〜
6.5寸1辺の長さ 68cm〜1辺の長さ 70cm〜1辺の長さ 75cm〜
7寸1辺の長さ 70cm〜1辺の長さ 75cm〜1辺の長さ 90cm〜
7.5寸1辺の長さ 70cm〜1辺の長さ 75cm〜1辺の長さ 90cm〜
8寸1辺の長さ 75cm〜1辺の長さ 75cm〜1辺の長さ 90cm〜
8.5寸1辺の長さ 75cm〜1辺の長さ 90cm〜1辺の長さ 90cm〜
9寸1辺の長さ 90cm〜1辺の長さ 90cm〜1辺の長さ 90cm〜
※1寸=約3.03cmです。
※同じ規格でもサイズが異なる場合がございます。